猫生活

<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

里親募集

皆様にお知らせがあります。

うちのもんち(元♂・7ヶ月)とちゃっぴー(元♀・7ヶ月)の里親を探しております。

・完全室内飼い
・年1回のワクチン接種
・猫の飼育経験有
・家族の一員として、終生可愛がっていただける方

が条件にはなりますが、これでも問題ない方であればOKです。

もんちとちゃっぴーは兄妹です。
このブログのもんちとちゃっぴーのカテゴリから見て頂ければわかりますが
元・野良なもので、血統書はありません。
ただ、私が愛情を注いできたので、とても人なつっこいカワイイ仔に育ってます。
ごはんもモリモリ食べて、とても健康的な仔達です。

f0081113_1565899.jpg

f0081113_1582671.jpg

f0081113_1583815.jpg


トイレはしつけ済み。去勢・避妊手術も済んでおります。
蚤検査・血液検査等全く問題ありません。
年1回のワクチンは8,000円程になります。
月の養育にかかる経費は平均4千円程度。

室内飼いの猫であれば、よほどの事がない限りは病気・怪我はしません。
食事は猫用の餌のみを与えて頂ければ、特に問題はありません。


多いのは
・外で傷をつくって帰ってきた
・交尾により病気を移された
・体を洗ってしっかり乾かさなかった
この点により、風邪・病気になり獣医にかかるケースはあります。
動物病院では保険がきかないので実費負担となりますが
室内飼いの場合、こういった確率はかなり低くなります。


里親を探すと決めた経緯としましては
うちには元々2匹の猫がおりまして。
去年の10月に野良で震えてたチビ達を連れて帰ってきた次第です。

出来ればみんなうちで育てたいというのがホンネですが
現状であれば、それぞれが一身に愛情を受けるということが不可能なのです。
チビ達のためにも、出来れば一匹ずつ飼って愛情を注いで頂ける方が居ればぜひと考えてます。

ただ、こちらとしては無理して引き取ってもらいたいと思ってるわけではございません。
少しお話させて頂き、飼育環境等を拝見させてもらったうえで決定させて頂こうかと思ってます。
最近ちまたでは里親詐欺が多発しております。その被害にあうわけにはいかないための方法であることもご理解頂きたく思います。

何かご質問等ございましたら
080-1705-1185 村上 宛
ご連絡下さいませ。
[PR]
by tnycb052 | 2006-04-18 15:02 | チビ達

行動の謎

猫達との生活が始まって2年が経過しようとしてます。

f0081113_18384486.jpg

みんなそれぞれ性格が違って
面白いし飽きないし。
毎日が驚きと楽しみの連続でございます。


4匹のうちにくるまでの境遇という分け方をすると
先住2匹は、ニコル→にゃご様 バロン→友人のところから。
チビ2匹(もんち・ちゃっぴー)は野良からなんですが

行動が決定的に違うのですよね。


☆別の部屋にパパが居る時・気配がある時

甘えた声出して「おーい、寂しいよー。遊んでー。」と鳴きながら扉をカリカリするのは・・・・・
ニコルとバロンのみ。
もんちとちゃっぴーはじっとガマンしてるのか気にならないのか。
そんなことは全くありません。


☆パパがPCしてる時

机にデンと座り込み、ディスプレイとパパの間で存在をアピールしてくるのは
これもニコルとバロンのみ。
もんちとちゃっぴーは自分たちで遊んでおります。


☆パパがベッドに入って寝ようとしてる時

枕元に来てここぞとばかりに甘えた声で鳴き、布団に潜り込んでくるのは
もんちとちゃっぴー。
入ってきた時にお腹ナデナデしてあげると嬉しそうに喉まで鳴らします。
ニコルとバロンは枕元までは来るのですが
布団の中には入ってこない。
入れてあげても、すぐに飛び出していくのです。


☆パパやお客さんの口をペロペロ舐めてくるのは・・・

根っからの室内飼いの2匹(笑)
みんなそうなるのかなーって思ってたら
チビ達はクンクン匂うだけで舐められたことないのです。
野良と違ってきっと育ちが良い証拠なんでしょうw


☆飲み水の器で水遊びをしてしまうのは・・・・

バロンのみ。他の3匹は普通に飲み水として認識してるようですが。
バロンだけはカリカリを手ですくって水の中に入れてみたり
それをすくって食べたり。
水に手を浸して、その手をペロペロ舐めたり。
そのお陰で、えさ水置き場のまわりは水浸し。

味のない水がイヤなのかな?なんなのか??
そんな状態が続いてます。

こればっかりは注意しても直らない。


みんなおりこーさんなので
壁に爪たててガリガリだけはしない。
ちゃんとキャットタワーの爪研ぎを活用してくれてます。
これだけは本当に助かる。
座椅子でガリガリもやりますが
ダイエーで買った安物なので問題ナシ。



以前に「ニャウリンガル」という
猫の鳴き声を翻訳してくれるというオモチャを買ってみたのですが
これは全く使えないということが判明。残念。

でも、それくらい何を考えてるのか、何が言いたいのか
知りたくて仕方ありませんでした。

コトバは話さないですが
ある程度感じてあげられてるんじゃないかな?と自負しておりますが。

もしドラえもんがいたら
翻訳こんにゃくをもらおうと企んでる今日この頃です。
[PR]
by tnycb052 | 2006-04-05 17:05 | みんな



猫達との共同生活の日記
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
Erica Chevil..
from Erica Chevillar
Jennifer Flo..
from Jennifer Flowers
Sujatha
from Sujatha
Cal Ripken
from Cal Ripken
Meaning Of O..
from Meaning Of Obn..
Rain In The ..
from Rain In The Mo..
Jennifer Flo..
from Jennifer Flowe..
13 Wlos
from 13 Wlos
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
Tilda Swinton
from Tilda Swinton
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧